【住所】
〒981-0936
仙台市青葉区千代田町1-5
【連絡先】
電話:022-779-6873
FAX:022-779-6874
【開設時間】
月~日曜 8:30~17:00
年末年始・国民の祝日除く

意思伝達装置の使い方

意思伝達装置は、何を使って操作するの?

 一般的に、意思伝達装置の操作では、パソコンのキーボードやマウスを使うことなく操作していきます。では、何を使って操作していくのかをご紹介したいと思います。意思伝達装置は、様々な特性を持った「スイッチ」を反応させて操作していきます。ここでは、スイッチや操作方法についてご紹介します。

様々な入力装置(スイッチ)

 意思伝達装置は、使用される方にとって無理のない入力装置(スイッチ)を用いて操作していく事が出来ます。ここでは、様々なタイプのスイッチの一例をご紹介します。

押しこむ事で反応するスイッチ

 スイッチの操作面を押す事で操作するタイプです。サイズや形状、押し圧の違い、手で操作するタイプ、足で踏み込むタイプ、頬で押すタイプなど様々な種類があります。

スペックスイッチの写真
「直径35mm」「押し圧50g」のスイッチ
ジェリービーンスイッチの写真
「直径64mm」「押し圧80g」のスイッチ
ビッグスイッチの写真
「直径123mm」「押し圧120g」のスイッチ
マイクロライトスイッチの写真
「押し圧10g」のスイッチ
足踏スイッチの写真
足踏み用の「押し圧300g」のスイッチ
ジョグルスイッチの写真
押し圧を変化させられるスイッチ 直径125mm
握り微力スイッチの写真
「押し圧30g」のスイッチ
ホッペタッチスイッチの写真
頬で触れて操作するスイッチ

握りこむ事で反応するスイッチ

 手のひらで握りながら、操作する時に握りこむタイプのスイッチです。

グラスプスイッチの写真
「握り圧300g」のスイッチ
握りスイッチの写真
「握り圧120g」のスイッチ

電極に触れることで反応するスイッチ

 電極の表面に触れることで反応するスイッチです。手足で電極に触れることで反応させることが出来ます。また小型の電極も販売されているため、額の動きや唇の動きによるタッチで反応させることも可能です。

ピンタッチ電極の写真
額などに貼り付けて使用する小型の先端部
タッチセンサスイッチの先端部の写真
身体に触れる部分を自由に調整出来る先端部
タッチセンサスイッチのコントロール部の写真
感度調整を行うコントローラ

レバーを倒す事で反応するスイッチ

 ジョイスティックを用いたスイッチで、ジョイスティックを握り、倒す方向の違いにより、意思伝達装置の動作を切り替えていくことが可能です。

このページのトップへ戻る

音に反応するスイッチ

 センサの先端に息を吹きかけたり、マイク部へ向かって音を出すことで反応させるスイッチです。

マイクスイッチ
音に反応するスイッチ(マイク部分と本体)
ブレススイッチ
音(息)に反応するスイッチの先端部

空気圧の変化に反応するスイッチ

 風船状のエアバッグに封入された空気圧の変化に反応するスイッチです。センサに手を乗せ、指先の僅かな動きを検出することが可能です。

空気圧式入力装置のエアバッグ
エアバッグタイプ・折り畳んでの使用も可能
空気圧式入力装置のディップスポンジセンサ部
密閉された板状のスポンジタイプ

反射光量(色や距離の変化)に反応するスイッチ

 光ファイバケーブル等の先端から発せられる光の反射光量の変化に反応するスイッチです。非接触式のタイプであり、瞼や眼球の動きなど検出する事が可能です。発せられる光の色が無色のフォトセンサを利用したタイプもあります。

光ファイバスイッチ
有色タイプの光電式入力装置
フォトセンサスイッチ
無色タイプの光電式入力装置
眼鏡に取り付けたフォトセンサ
眼鏡に取り付けた様子

呼気に反応するスイッチ

 センサ先端部のストローやチューブを口でくわえ、息を吹き込んだり、吸い込んだりすることで反応させるスイッチです。

呼気スイッチ1
ストロー部分とコードの接続部分
呼気スイッチ2
チューブ部分(専用アームに接続して使用します)

筋電位の変化に反応するスイッチ

 筋肉を収縮させる際に発生する筋電位の変化に反応するスイッチです。

筋電センサー
電極と感度調整を行う本体部分

センサ自身の変形に反応するスイッチ

 センサ自身に加えられた力により生じるセンサの変形に反応するスイッチです。コンパクトなサイズであり、絆創膏を用いて額などへ貼り付けて使用することが出来ます。

ピエゾセンサ
切手サイズのセンサ

このページのトップへ戻る

様々な操作方法

 意思伝達装置は、使用される方にとって無理のない操作方法に切り替えながら使用していく事が出来ます。本市において用いられている操作方法をご紹介します。

このページのトップへ戻る